迫力満点の水族館デート

ショッピングに映画に食事は友達とも行きますが、恋人とデートじゃないと行かない場所ってありますよね。
水族館もその1つです、それなら恋人と一緒の時は恋人としかいかない場所を思いっきり堪能出来たらと思います。
沖縄県へ恋人と旅行に行くなら美ら海水族館がお勧めです。
沖縄県は綺麗な海に囲まれていて、シュノーケリングで目の前で触れるぐらい近くに綺麗な魚が泳いでいるんだから水族館に行かなくても・・・・なんて思ってしまうかもしれませんが、美ら海水族館に一歩踏み込めばスケールの大きさでそんな考えは吹き飛んでしまうはずです。
世界最大級のジンベイザメがいる迫力満点の巨大水槽「黒潮の海」や水深200メートルの私たちが肉眼では見る事が出来ない世界が広がる「深層の海」他の水族館ではあまり見かけない沖縄ならではのサンゴ礁の大規模飼育も行っています。
「海のプラネタリウム」と呼ばれるコーナーでは深海の中で発光するクラゲやヒトデの姿が見られます。
本当に暗い海の底が星空のように神秘的に見えるので必見です。
人魚のモデルになったと言われるマナティに人気のイルカショーも楽しめます。
美ら海水族館のサイトにはお勧め写真スポットやプログラムの時間も紹介されていますから、事前にチェックしておくといいでしょう。
プログラムは1日4回の日程で組まれているので、それに合わせて行動しましょう。
平均滞在時間は210分となっていますが、ゆっくり見て回ろうと思ったら1日かかるかもしれません。
敷地内にレストラン・ショップもあり、ランチバイキングもお勧めですが、1番のお勧めは「カフェ・オーシャンビュー」です。
カフェの壁が水族館の大水槽になっているので、水槽を眺めながらお茶や食事をする事が出来ます。
最後にショップでお土産を購入して、楽しい時間を締めくくりましょう。
たっぷり水族館で視覚で魚を堪能した後は、夜ご飯では新鮮な魚介類を舌で堪能するのもまた沖縄らしい醍醐味ですよね。

関連記事: